ダービー終了後、翌年のダービーを目指して間を空けずに始まる2歳新馬戦。中山競馬場でも新馬戦は9月の第4回中山競馬から翌年の第2回中山競馬(3月)までの4開催で行われています・・・が、時代を彩る数多の名馬がデビューしたのも今は昔。「器用でないと勝てない」と、栗東どころか美浦所属の調教師からも敬遠されている感のある現状で、期待馬や素質馬のデビュー地として選ばれる事は少なくなりました。しかし、そんな中山競馬場でデビューした馬達でも後にしっかりと活躍しているのです。

このコーナーは、そんな中山競馬場でデビューした馬達を追いかけるという内容(現役)。題して「中山デビュー馬を追え!」。略して「ナカデビュ!」です(怪しい響きは気にしないでください)。
先週ピックアップしたセンチュリオン(ラジオ日本賞)は1着!

デビューは2015年の3月に行われた第2回中山開催。新馬戦と言うことでコーナーで膨れたりするなどロスの多い競馬ではあったが2着に7馬身差をつけて快勝。ファンに素質の一端を披露すると、続く500万下も快勝して新馬戦で見せた強さがフロックではないことを証明したのだった。その後は足踏みこそするものの着実に階段を上ってオープンクラスまで上り詰めたセンチュリオン。条件移動で一度は1600万下に下がりはしたが昨年の北総Sを勝利してオープン馬に返り咲くと、勝てこそしないものの好走を続けて存在感をアピールしている。3走前のオアシスSも2走前の名鉄杯も残念ながら2着に負けてしまったが5勝全てを中山競馬場で挙げている中山巧者が今まで走ってきたコースや距離とは全く違った環境に戸惑うこともなくレースの流れに上手く乗って勝ち馬と接戦を演じた。流れが向いた事は確かではあるにせよ「いよいよ完成の域に入ってきたのではないか」と感じさせる一戦だった。そんな予感を感じさせたものの前走のBSN賞は6着と見せ場を作れなかった。スタート後に思ったポジションを取り切れず競馬が後手に回ってしまったのが敗因の一つだが、ゲートが開いた直後に隣のラインハートが落馬した影響があったと考えれば情状酌量の余地はある。今回出走するラジオ日本賞は得意の中山コース・・・にもかかわらず背負わされる斤量は据え置き。出足が早いタイプではないので1コーナー進入までが大きな鍵だが、上手くスタートを決めて先団でレースの流れに乗る事ができれば結果は必ずついてくるハズだ!〜ということでピックアップしたのが見事に優勝!センチュリオンが中山コースを最も得意としている事は間違いのない事実だが、まさかこうも上手くハマるとは(汗)。スタートは五分で行き脚もついたものの外枠だったこともあり無理して先行せずに中団にポジション取り。前半1000mの通過は1分1秒3。数字だけ見れば平均ペースだが降り続く雨によって田んぼのようになってしまった馬場だったことを考えると十分にハイペースだった。そんな極悪馬場だからこそ早めに仕掛ける馬が多かったもののセンチュリオンは大野騎手の鞭にもなかなか反応をみせずスピードに乗り切れないまま勝負所へ。しかしここで後手を踏んだ事が最後の直線での驚異的な伸びに繋がるのだから競馬は面白い。毎回、今回のレースのようにハマるとは限らないが1勝は1勝。こんなコンディションでも味方に付けて勝てたことが今後の競走生活にとって大きな意味を持つハズだ。

さてさて、そんな先週の回顧もこのくらいにして・・・

今週ピックアップしたいのは第4回中山競馬7日目のオールカマーに出走するモンドインテロ。デビューは2015年第1回中山3日目に行われたダート1800mの新馬戦。残念ながら3着に敗れたものの4着のヤマニンバリトンは9馬身後方。10着のオンザヒルは9着モポークから大差、11着ファイターホリハルはその10着のオンザヒルから大差、12着のバトルヤルジャンはその11着のファイターホリハルは大差という荒れた内容のレースだった。そんなレースで勝ち馬とタイム差なしの競馬をしたモンドインテロは2戦目の未勝利戦(同じくダ1800m)で2着に4馬身差をつけて初勝利を飾ると芝に舞台を移した3戦目の早苗賞も快勝して能力の一端をファンにアピール。その後、足踏みこそしたが7戦目の松籟Sを勝ってオープン馬になると並み居る強豪馬を相手に気後れもせず好勝負を繰り広げている。圧巻だったのは昨年の札幌日経OP。密集するインコースを避けて外から豪快に一捲りすると最後の直線では勢いそのままに伸びて優勝をもぎ取った姿はまさに横綱相撲。「タイトルホルダーとなる日も遠くない」という気にさせられたレースだった。残念ながら重賞レースでは人気になるもののあと一歩足りないというような内容のレースが続いているが、流れに左右されやすい脚質のためロスの多い競馬になる事が一因だろう。前走の札幌日経OPは2600mの長距離戦ということもありスタート後は無理に急かさず後方からの競馬。勝負所の3〜4コーナーで昨年のような捲りを打てなかったので「アレ?」とは思ったものの手応えは十分。最後の直線に入ると馬群を割って一気に伸びて連覇を達成して。昨年とは違った勝ち方で札幌日経OPを優勝して見せたモンドインテロ。前走比で+18キロということもあり着差こそつかなかったもののゴール前は手綱を緩める余裕があった事を考えると完勝と言える内容。一つ歳を取っても能力に陰りは感じさせない走りだった。今回出走するオールカマーは中山競馬場で行われる芝2200m戦。3コーナーからゴールまで長く良い脚を要求されるコースのため瞬発力勝負では分が悪いモンドインテロにとってはおあつらえ向き。手綱を取るのは中山コースで手綱捌きが冴える田辺騎手。今度こそ悲願の重賞制覇だ!

エクセラントカーヴ
14年11月26日
夏の上り馬も勢いが続かず。第2の馬生に向けて余力のあるうちに引退。
ヴェルデグリーン
14年08月03日
強烈な末脚でG2戦2勝。「まだまだこれから」という時に病の前に倒れた。
シンゲン
14年05月15日
重賞3勝もG1には手が届かず。息の長い活躍でターフを沸かせた。
ジャガーメイル
14年05月09日
天皇賞・春を優勝のほか香港ヴァースでも好走。10歳まで現役を続けた。
コスモネモシン
14年01月30日
条件によってはまだまだ走れそうだったが、牝馬という事もあり繁殖へ。
ネヴァブション
13年12月25日
日経賞やAJCCを2勝などを挙げた中山マイスターも、ついに引退・・・。
マイネルキッツ
13年12月04日
初重賞制覇が天皇賞・春だった。2500m以上で安定した成績を残した。
レインボーダリア
13年11月15日
重馬場の京都で大仕事をやってのけるも、その後は高速馬場に泣いた。
サンテミリオン
13年01月23日
オークスでアパパネとの同着優勝を演じるも、それで力を使い果たした。
バシケーン
12年11月23日
中山コースは得意だったが長期休養後は思ったような成績は残せず・・・。
ホクトスルタン
12年10月07日
マックイーン産駒として天皇賞・春の優勝を期待されたが、非業の死・・・。
アクシオン
12年08月21日
不治の病・屈腱炎を患うも長い休養を経て復帰し、再びターフを沸かした。
オープンガーデン
12年07月25日
ゴーカイの仔として中山GJや大障害優勝を期待されたが手が届かず・・・。

2017年9月23〜24日に行われるレースに出走予定の中山デビュー馬(1000万下以上)

出走予定日
出走予定場所
出走予定レース
レースクラス
競走馬名
着順
クラス
09月23日
中山競馬場
九十九里特別
1000万下
チャロネグロ
-
-
09月23日
中山競馬場
九十九里特別
1000万下
ハヤブサライデン
-
-
09月23日
中山競馬場
九十九里特別
1000万下
フジマサエンペラー
-
-
09月23日
中山競馬場
茨城新聞杯
1000万下
セイカエドミザカ
-
-
09月23日
中山競馬場
茨城新聞杯
1000万下
ツインキャンドル
-
-
09月23日
中山競馬場
セプテンバーS
1600万下
パイメイメイ
-
-
09月23日
中山競馬場
セプテンバーS
1600万下
パラダイスガーデン
-
-
09月23日
阪神競馬場
大阪スポーツ杯
1600万下
カネコメオスター
-
-
09月23日
阪神競馬場
大阪スポーツ杯
1600万下
サクラフローラ
-
-
09月23日
阪神競馬場
大阪スポーツ杯
1600万下
スティンライクビー
-
-
09月24日
中山競馬場
芙蓉S
2歳オープン
ソッフィダモーレ
-
-
09月24日
中山競馬場
外房特別
1000万下
ヴェアリアスサマー
-
-
09月24日
中山競馬場
オールカマー
G2
ディサイファ
-
-
09月24日
中山競馬場
オールカマー
G2
マイネルサージュ
-
-
09月24日
中山競馬場
オールカマー
G2
モンドインテロ
-
-

2017年9月16〜18日に行われたレースに出走した中山デビュー馬(1000万下以上)

出走予定日
出走予定場所
出走予定レース
レースクラス
競走馬名
着順
クラス
09月16日
中山競馬場
松戸特別
1000万下
キールコネクション
06/09
09月16日
中山競馬場
松戸特別
1000万下
ティーラウレア
08/09
09月16日
中山競馬場
松戸特別
1000万下
バイタルフォース
01/09
09月16日
中山競馬場
松戸特別
1000万下
ワイドリーザワン
09/09
09月16日
阪神競馬場
阪神ジャンプS
障害G3
シベリアンタイガー
06/07
09月16日
阪神競馬場
瀬戸内海特別
1000万下
バリス
02/13
09月16日
阪神競馬場
オークランドRCT
1600万下
ファドーグ
03/16
09月17日
中山競馬場
ラジオ日本賞
オープン
ストロングサウザー
15/16
09月17日
中山競馬場
ラジオ日本賞
オープン
センチュリオン
01/16
09月17日
中山競馬場
ラジオ日本賞
オープン
ディアデルレイ
14/16
09月17日
中山競馬場
ラジオ日本賞
オープン
モズライジン
10/16
09月17日
阪神競馬場
夙川特別
1000万下
シルバードリーム
07/16
09月18日
中山競馬場
白井特別
1000万下
ギブアンドテイク
08/12
09月18日
中山競馬場
浦安特別
1000万下
ペイシャバラード
09/14
09月18日
中山競馬場
浦安特別
1000万下
リンガスウーノ
03/14
09月18日
中山競馬場
セントライト記念
3歳G2
サンシロウ
11/15
09月18日
中山競馬場
セントライト記念
3歳G2
サーレンブラント
07/15
09月18日
中山競馬場
セントライト記念
3歳G2
ストロングレヴィル
10/15
09月18日
中山競馬場
セントライト記念
3歳G2
ミッキースワロー
01/15