ダービー終了後、翌年のダービーを目指して間を空けずに始まる2歳新馬戦。中山競馬場でも新馬戦は9月の第4回中山競馬から翌年の第2回中山競馬(3月)までの4開催で行われています・・・が、時代を彩る数多の名馬がデビューしたのも今は昔。「器用でないと勝てない」と、栗東どころか美浦所属の調教師からも敬遠されている感のある現状で、期待馬や素質馬のデビュー地として選ばれる事は少なくなりました。しかし、そんな中山競馬場でデビューした馬達でも後にしっかりと活躍しているのです。

このコーナーは、そんな中山競馬場でデビューした馬達を追いかけるという内容(現役)。題して「中山デビュー馬を追え!」。略して「ナカデビュ!」です(怪しい響きは気にしないでください)。
先週ピックアップしたクイーンズリング(府中牝馬S)は4着。

デビューは2014年12月に行われた第4回中山6日目の芝1800m戦。栗東所属にもかかわらず中山でわざわざ下すなんて・・・もしかして関西では分が悪いと考えたから?というのが第1印象だったのだが結果は快勝。そんな1戦目を受けた2戦目の菜の花賞も快勝して臨んだフィリーズレビューは関西圏で初となるレース。しかし馬体重は若い牝馬にとっては致命的とも言える前走比マイナス20キロ。そのうえスタート後に行き脚が付かず後方からの競馬とあってこの時点で惨敗も覚悟したファンも多かっただろうが、最後の直線では大外を通って豪快な差し切り勝ち。初めて見る関西のファンのみならず中継を見ていた関東のファンの度肝も抜いて見せたのだった。能力があることは確かなものの成績がなかなか安定しないクイーンズリング。人気になりやすい事もあり買い時・狙い時が難しい馬である事は確かだが、レースを観ていると好走・凡走のカギを握っているのは道中の折り合いであり距離や相手関係ではないのではないか。レースを観ていて常々思っていたのだが、そんな仮説が正しと証明されたと思われるのが昨年の府中牝馬Sやエリザベス女王杯だった。香港Cでの惨敗以来、近走は結果が出ていないものの前走のヴィクトリアマイルは6着ながらも見せ場は作った。今回出走する府中牝馬Sは昨年快勝した験の良いレース。たびたび渋った馬場を敗因に挙げられるため前日から降り続くと予報されている雨の影響がどれだけ馬場に影響を与えるかが心配の種であるとはいえ昨年のエリザベス女王杯を勝った馬。そんなことは言っていられない。このレースで復活のきっかけを掴んで次走に繋げたい!〜ということでピックアップしたのだが・・・。スタートいまいちで後方からの競馬。引っかかりそうなのを我慢させつつ徐々にポジションを上げていくと最後の直線は外を通って追い上げた・・・ものの、追い込み切れずという競馬だった。勝ったクロコスミアがマイペースで逃げて前半1000mの通過は1分1秒9のスローペース。掛かり癖がある事を考えるとスタートを五分に出られなかった時点で既に負けていたとうレースだったが、今回はあくまでも前哨戦。次走に繋がる競馬という点では収穫はあったと言えるのではないか。

さてさて、そんな先週の回顧もこのくらいにして・・・

今週ピックアップしたいのは第4回京都競馬7日目の菊花賞に出走するミッキースワロー。第2回中山競馬1日目に行われた新馬戦は馬柱を見る限りでは掲示板確保がやっとだったように感じるため地味な結果に映るが、前半1000mの通過が1分6秒6という超に超が付くスローペースを最後方で追走という競馬。4コーナーで外に大きく膨れたうえ最後の直線で前を走るプロヴェルビオに寄られて怯み勢いが削がれたにもかかわらず上がり34秒3の末脚を繰り出して5着まで押し上げるという驚愕の内容だった。デビューが遅かったこともあり春のクラシック戦線には乗り損ねたものの夏を超えて成長を遂げると前走のセントライト記念で初重賞制覇を達成。ゴール前にある急坂もものともせず33秒4という末脚で先に抜け出した1番人気の皐月賞馬・アルアインを並ぶまもなく交わし去った姿は春の遅れを取り戻して余りある事を証明するには十分なものだったと言える。近年でセントライト記念を勝って菊花賞をも勝った馬は2015年のキタサンブラックが思い浮かぶが、キタサンブラックの前は1984年のシンボリルドルフまで遡らなければならない。セントライト記念の勝ち馬にとってそれだけ高いハードルではある事は確か・・・とはいえ、逆に考えれば勝てばその後に歴史に残るような活躍をする可能性が高いということ。降り続く雨によって湿った馬場がどのような傾向を示すかは未知数なものの自分の末脚を信じてクラシック最後の1冠を勝ち取って欲しい!

エクセラントカーヴ
14年11月26日
夏の上り馬も勢いが続かず。第2の馬生に向けて余力のあるうちに引退。
ヴェルデグリーン
14年08月03日
強烈な末脚でG2戦2勝。「まだまだこれから」という時に病の前に倒れた。
シンゲン
14年05月15日
重賞3勝もG1には手が届かず。息の長い活躍でターフを沸かせた。
ジャガーメイル
14年05月09日
天皇賞・春を優勝のほか香港ヴァースでも好走。10歳まで現役を続けた。
コスモネモシン
14年01月30日
条件によってはまだまだ走れそうだったが、牝馬という事もあり繁殖へ。
ネヴァブション
13年12月25日
日経賞やAJCCを2勝などを挙げた中山マイスターも、ついに引退・・・。
マイネルキッツ
13年12月04日
初重賞制覇が天皇賞・春だった。2500m以上で安定した成績を残した。
レインボーダリア
13年11月15日
重馬場の京都で大仕事をやってのけるも、その後は高速馬場に泣いた。
サンテミリオン
13年01月23日
オークスでアパパネとの同着優勝を演じるも、それで力を使い果たした。
バシケーン
12年11月23日
中山コースは得意だったが長期休養後は思ったような成績は残せず・・・。
ホクトスルタン
12年10月07日
マックイーン産駒として天皇賞・春の優勝を期待されたが、非業の死・・・。
アクシオン
12年08月21日
不治の病・屈腱炎を患うも長い休養を経て復帰し、再びターフを沸かした。
オープンガーデン
12年07月25日
ゴーカイの仔として中山GJや大障害優勝を期待されたが手が届かず・・・。

2017年10月21〜22日に行われたレースに出走予定の中山デビュー馬(1000万下以上)

出走予定日
出走予定場所
出走予定レース
レースクラス
競走馬名
着順
クラス
10月21日
東京競馬場
8R
1000万下
コスモピクシス
-
-
10月21日
東京競馬場
8R
1000万下
フジマサエンペラー
-
-
10月21日
東京競馬場
8R
1000万下
ヘリファルテ
-
-
10月21日
東京競馬場
秋麗S
1600万下
スティンライクビー
-
-
10月21日
東京競馬場
秋麗S
1600万下
メガオパールカフェ
-
-
10月21日
東京競馬場
富士S
G3
マイネルアウラート
-
-
10月21日
京都競馬場
古都S
1600万下
トミケンスラーヴァ
-
-
10月21日
京都競馬場
室町S
オープン
ニットウスバル
-
-
10月21日
京都競馬場
12R
1000万下
タガノアニード
-
-
10月21日
新潟競馬場
4R
障害OP
シベリアンタイガー
-
-
10月21日
新潟競馬場
4R
障害OP
レッドヴィーヴォ
-
-
10月21日
新潟競馬場
飛翼特別
1000万下
ジャストザヨコハマ
-
-
10月21日
新潟競馬場
飛翼特別
1000万下
タイキパラドックス
-
-
10月21日
新潟競馬場
飛翼特別
1000万下
ファイブフォース
-
-
10月22日
東京競馬場
8R
1000万下
ゴールドスミス
-
-
10月22日
東京競馬場
8R
1000万下
リュウツバメ
-
-
10月22日
東京競馬場
ブラジルC
オープン
ストロングサウザー
-
-
10月22日
東京競馬場
ブラジルC
オープン
モズライジン
-
-
10月22日
東京競馬場
ブラジルC
オープン
モンドアルジェンテ
-
-
10月22日
東京競馬場
12R
1000万下
エニグマ
-
-
10月22日
東京競馬場
12R
1000万下
シベリウス
-
-
10月22日
東京競馬場
12R
1000万下
ベバスカーン
-
-
10月22日
京都競馬場
7R
1000万下
ヤマニンアタシャン
-
-
10月22日
京都競馬場
菊花賞
3歳G1
ミッキースワロー
-
-
10月22日
京都競馬場
大山崎特別
1000万下
シルバードリーム
-
-
10月22日
新潟競馬場
北陸S
1600万下
パイメイメイ
-
-
10月22日
新潟競馬場
北陸S
1600万下
ヒカリブランデー
-
-
10月22日
新潟競馬場
北陸S
1600万下
ヒカリマサムネ
-
-
10月22日
新潟競馬場
北陸S
1600万下
ベック
-
-

2017年10月14〜10月15日に行われたレースに出走した中山デビュー馬(1000万下以上)

出走予定日
出走予定場所
出走予定レース
レースクラス
競走馬名
着順
クラス
10月14日
東京競馬場
8R
1000万下
キールコネクション
13/16
10月14日
東京競馬場
8R
1000万下
ティーラウレア
12/16
10月14日
東京競馬場
8R
1000万下
ピアシングステア
05/16
10月14日
東京競馬場
府中牝馬S
牝馬G2
クイーンズリング
04/14
10月14日
東京競馬場
12R
1000万下
ウエスタンオウジ
11/14
10月14日
東京競馬場
12R
1000万下
リンガスウーノ
01/14
10月14日
京都競馬場
清水S
1600万下
シーズララバイ
09/11
10月14日
新潟競馬場
魚沼特別
1000万下
ヒメタチバナ
03/07
10月15日
東京競馬場
8R
1000万下
サトノメサイア
06/08
10月15日
東京競馬場
8R
1000万下
ピンクブーケ
02/08
10月15日
東京競馬場
東京HJ
障害G3
アムールスキー
05/10
10月15日
東京競馬場
赤富士S
1600万下
シップウ
06/16
10月15日
東京競馬場
赤富士S
1600万下
トゥルーウインド
15/16
10月15日
東京競馬場
赤富士S
1600万下
モンドアルジェンテ
01/16
10月15日
東京競馬場
神奈川新聞杯
1000万下
ヴェアリアスサマー
05/18
10月15日
東京競馬場
神奈川新聞杯
1000万下
コスモヨハネ
06/18
10月15日
京都競馬場
7R
1000万下
チャロネグロ
03/06
10月15日
京都競馬場
秋華賞
3歳牝G1
カリビアンゴールド
18/18
10月15日
新潟競馬場
信越S
オープン
ショウナンアチーヴ
13/14
10月15日
新潟競馬場
信越S
オープン
トーキングドラム
14/14