ダービー終了後、翌年のダービーを目指して間を空けずに始まる2歳新馬戦。中山競馬場でも新馬戦は9月の第4回中山競馬から翌年の第2回中山競馬(3月)までの4開催で行われています・・・が、時代を彩る数多の名馬がデビューしたのも今は昔。「器用でないと勝てない」と、栗東どころか美浦所属の調教師からも敬遠されている感のある現状で、期待馬や素質馬のデビュー地として選ばれる事は少なくなりました。しかし、そんな中山競馬場でデビューした馬達でも後にしっかりと活躍しているのです。

このコーナーは、そんな中山競馬場でデビューした馬達を追いかけるという内容(現役)。題して「中山デビュー馬を追え!」。略して「ナカデビュ!」です(怪しい響きは気にしないでください)。
先週、ピックアップしたセダブリランテス(中山金杯)は1着!

デビューは一昨年の第5回中山3日目に行われたダート1800mの新馬戦。1番人気に支持されながらも勝負所の4コーナーでは手応え案外。鞍上の内田博騎手にバチンバチンと鞭を入れられても前に進んでいかない姿を見てこのまま馬群に沈むかとも思われたが、最後の直線に入ると余裕しゃくしゃくで先に抜け出したエポックメーカーを1完歩毎に追い詰めゴール前で豪快に差しきるという衝撃的なレース。過去にも沢山の大物を送り出してきた中山ダート1800mの新馬戦。「ダート界に新星現る」とファンは思ったに違いない・・・が、5ヶ月の休養を経て出走したのは芝のレースの早苗賞。デビュー戦とは全く違ったカテゴリー・コース・レースとなったものの、そんな違いに戸惑う素振りも見せずにレースを進めると見事に先頭ゴールを果たしたのだった。初の重賞挑戦となった2走前のラジオNIKKEI賞は外枠に入ったと言うこともあって他の馬の出方を見ながら馬なりのスタートとなったが持ち前のスピードで3番手を確保。この位置で上手くレースの流れに乗ると4コーナー手前で先頭に並びかけて最後の直線へ。内ではしぶとく逃げ粘るウインガナドル、外からはロードリベラルの急追。勝つのは簡単ではなかったものの、それらの抵抗を凌ぎきって見事に3連勝を飾って見せたのだった。520キロを超す大型馬だけにエンジンの掛かりが遅いところがあるがスピードに乗り切れれば長く良い脚を使うのがセダブリランテス。首の使い方が上手いので馬体を合わせて叩き合うような形になれば競り負けないであろう安心感がある。初黒星を喫した前走のアルゼンチン共和国杯は最後の直線に入っていざ追いだしてみると反応イマイチ(汗)。ゴールまで200mを切ってようやく伸び始めたものの伸び始めたところで前が壁になるなどチグハグな競馬だった。残念ながらスワーヴリチャードに完敗だった事を考えると進路があれば「勝てた」とは言わないが2着はあったと思われる。今回出走する中山金杯は中山競馬場の芝内回りコースで行われる2000m戦。前走の競馬を見ていると小回りコースに一抹の不安を抱くのは仕方がないが一度叩いた上積み効果により勝負所でモタモタするような事はないハズ。厳寒期に行われる連続開催の後半戦ということもあり中山競馬場の芝コースは一瞬の切れ味よりも長く良い脚を使える馬向きになってきている。ハンデも55キロと適当。2018年を飛躍の年にするために是が非でも先頭ゴールを期待したい!〜ということでピックアップしたのだが見事に期待に応えてくれた!前半1000mの通過は1分1秒5のスローペース・・・だったが、そんなペースに嫌気を差したマイネルミラノが一気にハナを奪って様相一変。5ハロン目と6ハロン目を比べるとタイムにして1.4秒ものペースアップだからただでさえ勝負所で反応の鈍いセダブリランテスはこの急激な流れの変化の対応に戸惑って追走に手一杯・・・となったものの、何とか脱落せずについて行くと最後の直線ではジワリジワリながらも重戦車のように伸びた。まだまだ課題は多いが、にもかかわらずデビューから5戦4勝という成績で重賞2勝だからいやが上にも期待は膨らむ。末脚の切れ味という点では不安を残すしトップスピードに乗るまでにも時間が掛かるので一瞬の切れ味勝負となりやすい東京競馬場でのレースよりは中山競馬場でのレースの方が向いているハズ。中でもロングスパート戦となりやすい2200m戦は鬼ではないだろうか。

さてさて、そんな先週の回顧もこのくらいにして・・・

今週ピックアップしたいのは第1回京都競馬5日目の日経新春杯に出走するモンドインテロ。デビューは2015年第1回中山3日目に行われたダート1800mの新馬戦。残念ながら3着に敗れたものの4着のヤマニンバリトンは9馬身後方。10着のオンザヒルは9着モポークから大差、11着ファイターホリハルはその10着のオンザヒルから大差、12着のバトルヤルジャンはその11着のファイターホリハルは大差という荒れた内容のレースだった。そんなレースで勝ち馬とタイム差なしの競馬をしたモンドインテロは2戦目の未勝利戦(同じくダ1800m)で2着に4馬身差をつけて初勝利を飾ると芝に舞台を移した3戦目の早苗賞も快勝して能力の一端をファンにアピール。その後、足踏みこそしたが7戦目の松籟Sを勝ってオープン馬になると並み居る強豪馬を相手に気後れもせず好勝負を繰り広げている。圧巻だったのは2016年の札幌日経OP。密集するインコースを避けて外から豪快に一捲りすると最後の直線では勢いそのままに伸びて優勝をもぎ取った姿はまさに横綱相撲。「タイトルホルダーとなる日も遠くない」という気にさせられたレースだった。残念ながら重賞レースでは人気になるもののあと一歩足りないというような内容のレースが続いているが、流れに左右されやすい脚質のためロスの多い競馬になる事が一因だろう。2走前のオールカマーは9着大敗もレース前に前走で手綱を取ったルメール騎手から「急かすより馬のペースで走らせた方が良い」と聞いた田辺騎手がスタート直後から馬のペースで走らせた結果、後方2番手を追走する形に。しかし前半1000mの通過は1分3秒1の超スローペース。3コーナー過ぎから早めに仕掛け始めたものの他の馬も同じタイミングで早めに仕掛け始めたためペースが一気にアップ。勝負所でポジションアップをする事ができず最後の直線を迎えることとなってしまったという理由あり。スタート直後からレースが流れた事もあったが前走のチャレンジCはしっかりと見せ場を作って巻き返している。今回出走する日経新春杯は京都の2400mで行われるハンデのG2戦。昨年はミッキーロケットとシャケトラに完敗の3着だったものの勢いと斤量差に泣いた格好だったことを考えると今年はもっと接戦を演じられるハズ。3走して1着2回、3着1回という相性の良い舞台を味方につけて念願の重賞初制覇を期待したい!

エクセラントカーヴ
14年11月26日
夏の上り馬も勢いが続かず。第2の馬生に向けて余力のあるうちに引退。
ヴェルデグリーン
14年08月03日
強烈な末脚でG2戦2勝。「まだまだこれから」という時に病の前に倒れた。
シンゲン
14年05月15日
重賞3勝もG1には手が届かず。息の長い活躍でターフを沸かせた。
ジャガーメイル
14年05月09日
天皇賞・春を優勝のほか香港ヴァースでも好走。10歳まで現役を続けた。
コスモネモシン
14年01月30日
条件によってはまだまだ走れそうだったが、牝馬という事もあり繁殖へ。
ネヴァブション
13年12月25日
日経賞やAJCCを2勝などを挙げた中山マイスターも、ついに引退・・・。
マイネルキッツ
13年12月04日
初重賞制覇が天皇賞・春だった。2500m以上で安定した成績を残した。
レインボーダリア
13年11月15日
重馬場の京都で大仕事をやってのけるも、その後は高速馬場に泣いた。
サンテミリオン
13年01月23日
オークスでアパパネとの同着優勝を演じるも、それで力を使い果たした。
バシケーン
12年11月23日
中山コースは得意だったが長期休養後は思ったような成績は残せず・・・。
ホクトスルタン
12年10月07日
マックイーン産駒として天皇賞・春の優勝を期待されたが、非業の死・・・。
アクシオン
12年08月21日
不治の病・屈腱炎を患うも長い休養を経て復帰し、再びターフを沸かした。
オープンガーデン
12年07月25日
ゴーカイの仔として中山GJや大障害優勝を期待されたが手が届かず・・・。

2018年1月13〜14日に行われるレースに出走予定の中山デビュー馬(1000万下以上)

出走予定日
出走予定場所
出走予定レース
レースクラス
競走馬名
着順
クラス
01月13日
中山競馬場
8R
1000万下
トップライセンス
-
-
01月13日
中山競馬場
8R
1000万下
ララパルーザ
-
-
01月13日
中山競馬場
初富士S
1600万下
クラウンディバイダ
-
-
01月13日
中山競馬場
ジャニュアリーS
オープン
ナンチンノン
-
-
01月13日
中山競馬場
ジャニュアリーS
オープン
ヒカリブランデー
-
-
01月13日
中山競馬場
ジャニュアリーS
オープン
ベック
-
-
01月13日
中山競馬場
12R
1000万下
ファイブフォース
-
-
01月13日
中山競馬場
12R
1000万下
ミエノドリーマー
-
-
01月13日
中山競馬場
12R
1000万下
ロジベスト
-
-
01月13日
京都競馬場
12R
1000万下
ワキノハガクレ
-
-
01月13日
中京競馬場
4R
障害オープン
トーノデルソーレ
-
-
01月13日
中京競馬場
4R
障害オープン
レッドヴィーヴォ
-
-
01月13日
中京競馬場
愛知杯
牝馬G3
コパノマリーン
-
-
01月13日
中京競馬場
伊良湖特別
1000万下
エクスシア
-
-
01月14日
中山競馬場
8R
1000万下
ハヤブサプリプリ
-
-
01月14日
中山競馬場
初春S
1000万下
コスタアレグレ
-
-
01月14日
中山競馬場
初春S
1000万下
サクラフローラ
-
-
01月14日
中山競馬場
初春S
1000万下
リュクサンブール
-
-
01月14日
中山競馬場
初春S
1000万下
リンガスウーノ
-
-
01月14日
中山競馬場
ニューイヤーS
オープン
アデインザライフ
-
-
01月14日
中山競馬場
ニューイヤーS
オープン
オートクレール
-
-
01月14日
中山競馬場
京成杯
3歳G3
イェッツト
-
-
01月14日
中山競馬場
12R
1000万下
チャロネグロ
-
-
01月14日
中山競馬場
12R
1000万下
パラダガール
-
-
01月14日
京都競馬場
日経新春杯
1000万下
モンドインテロ
-
-

2018年1月6〜8日に行われたレースに出走した中山デビュー馬(1000万下以上)

出走予定日
出走予定場所
出走予定レース
レースクラス
競走馬名
着順
クラス
01月06日
中山競馬場
8R
1000万下
サトノメサイア
14/16
01月06日
中山競馬場
8R
1000万下
シャムロック
10/16
01月06日
中山競馬場
8R
1000万下
ピアシングステア
05/16
01月06日
中山競馬場
8R
1000万下
プレゼンス
11/16
01月06日
中山競馬場
8R
1000万下
ミッシングリンク
01/16
01月06日
中山競馬場
招福S
1600万下
アカノジュウハチ
16/16
01月06日
中山競馬場
招福S
1600万下
メガオパールカフェ
08/16
01月06日
中山競馬場
中山金杯
G3
セダブリランテス
01/17
01月06日
中山競馬場
12R
1000万下
ヴェアリアスサマー
09/15
01月06日
中山競馬場
12R
1000万下
コスモヨハネ
04/15
01月06日
中山競馬場
12R
1000万下
スガルバン
03/15
01月06日
中山競馬場
12R
1000万下
ベストリゾート
07/15
01月06日
京都競馬場
8R
1000万下
サンマルスカイ
10/15
01月06日
京都競馬場
京都金杯
G3
マイネルアウラート
12/13
01月06日
京都競馬場
12R
1000万下
ブロワ
12/16
01月07日
中山競馬場
サンライズS
1600万下
ウエスタンユーノー
14/16
01月07日
中山競馬場
ポルックスS
オープン
センチュリオン
03/16
01月07日
中山競馬場
フェアリーS
3歳牝G3
グランドピルエット
08/16
01月07日
中山競馬場
フェアリーS
3歳牝G3
デュッセルドルフ
11/16
01月07日
中山競馬場
フェアリーS
3歳牝G3
プリモシーン
01/16
01月07日
中山競馬場
フェアリーS
3歳牝G3
レネット
10/16
01月07日
中山競馬場
12R
1000万下
サブライムカイザー
05/16
01月07日
中山競馬場
12R
1000万下
スターファセット
12/16
01月07日
京都競馬場
万葉S
オープン
サイモントルナーレ
09/09
01月07日
京都競馬場
万葉S
オープン
トミケンスラーヴァ
01/09
01月08日
中山競馬場
7R
1000万下
ダノンアイリス
11/16
01月08日
中山競馬場
成田特別
1000万下
キールコネクション
08/15
01月08日
中山競馬場
成田特別
1000万下
サンシロウ
11/15
01月08日
中山競馬場
成田特別
1000万下
シフォンカール
10/15
01月08日
中山競馬場
成田特別
1000万下
シベリウス
13/15
01月08日
中山競馬場
成田特別
1000万下
セイカエドミザカ
03/15
01月08日
中山競馬場
成田特別
1000万下
ハッスルバッスル
04/15
01月08日
中山競馬場
成田特別
1000万下
ハヤブサライデン
14/15
01月08日
中山競馬場
成田特別
1000万下
バレッティ
05/15
01月08日
中山競馬場
迎春S
1600万下
フレンドスイート
05/09
01月08日
中山競馬場
カーバンクルS
オープン
フルールシチー
08/09
01月08日
京都競馬場
許波多特別
1000万下
シンギュラリティ
03/11
01月08日
京都競馬場
羅生門S
1600万下
カネコメオスター
12/16
01月08日
京都競馬場
シンザン記念
3歳G3
ツヅミモン
02/11
01月08日
京都競馬場
12R
1000万下
ウエスタンオウジ
13/16