ダービー終了後、翌年のダービーを目指して間を空けずに始まる2歳新馬戦。中山競馬場でも新馬戦は9月の第4回中山競馬から翌年の第2回中山競馬(3月)までの4開催で行われています・・・が、時代を彩る数多の名馬がデビューしたのも今は昔。「器用でないと勝てない」と、栗東どころか美浦所属の調教師からも敬遠されている感のある現状で、期待馬や素質馬のデビュー地として選ばれる事は少なくなりました。しかし、そんな中山競馬場でデビューした馬達でも後にしっかりと活躍しているのです。

このコーナーは、そんな中山競馬場でデビューした馬達を追いかけるという内容(現役)。題して「中山デビュー馬を追え!」。略して「ナカデビュ!」です(怪しい響きは気にしないでください)。
先週PUしたモンドインテロ(札幌日経OP)は1着!

デビューは2015年第1回中山3日目に行われたダート1800mの新馬戦。残念ながら3着に敗れたものの4着のヤマニンバリトンは9馬身後方。10着のオンザヒルは9着モポークから大差、11着ファイターホリハルはその10着のオンザヒルから大差、12着のバトルヤルジャンはその11着のファイターホリハルは大差という荒れた内容のレースだった。そんなレースで勝ち馬とタイム差なしの競馬をしたモンドインテロは2戦目の未勝利戦(同じくダ1800m)で2着に4馬身差をつけて初勝利を飾ると芝に舞台を移した3戦目の早苗賞も快勝して能力の一端をファンにアピール。その後、足踏みこそしたが7戦目の松籟Sを勝ってオープン馬になると並み居る強豪馬を相手に気後れもせず好勝負を繰り広げている。圧巻だったのは昨年の札幌日経オープン。密集するインコースを避けて外から豪快に一捲りすると最後の直線では勢いそのままに伸びて優勝をもぎ取った姿はまさに横綱相撲。「タイトルホルダーとなる日も遠くない」という気にさせられたレースだった。残念ながら重賞レースでは人気になるもののあと一歩足りないというような内容のレースが続いているが、流れに左右されやすい脚質の影響でロスの多い競馬になる事が一因ではないか。今回出走する札幌日経オープンは昨年圧勝した舞台&レース。前走出走した目黒記念の8着という数字の心象が悪いため不安な面はあるにはあるが、最後の直線で再三受けた不利によって全く競馬にならなかった結果。馬が走る気を無くしたわけではないので心配は無用だろう。このレースで勢いをつけて今年こそ飛躍の秋にするためのステップとして欲しい!〜ということでピックアップしたのだが、ファンの期待に応える快勝!2600mの長距離戦ということもありスタート後は無理に急かさず後方からの競馬。勝負所の3〜4コーナーで昨年のような捲りを打てなかったので「アレ?」とは思ったものの手応えは十分。最後の直線に入ると馬群を割って一気に伸びた。体重が減りやすい夏場なのに前走比でプラス18キロ。とはいえ太め感はなく動きもキビキビしていたので特に心配な点はなかった。昨年とは違った勝ち方で札幌日経OPを連覇を達成したモンドインテロ。着差こそつかなかったもののゴール前は手綱を緩める余裕もあって完勝と言える内容。「今年こそ重賞タイトルを!」という意気込みが感じられるレースだった。

さてさて、そんな先週の回顧もこのくらいにして・・・

今週ピックアップしたいのは第2回新潟競馬6日目の関屋記念に出走するヤングマンワパワー。2014年12月第4回中山競馬3日目に行われた新馬戦でデビュー&勝利。6番人気という低い人気だったうえタイムも目立った数字ではなかったが、大外をぶん回して力でねじ伏せる競馬は雰囲気たっぷり。「まだまだ荒削りではあるけれど、いずれは重賞でも」と思ったのを覚えているのだが、3戦目のアーリントンCを勝利(汗)。早々に重賞ウイナーの仲間入りを果たしたヤングマンパワー。その後は勝てこそしないものの安定した成績を残していた・・・が、裏を返せば頭打ち感あり。しかし昨年の関谷記念で久しぶりに重賞を勝利すると、続くの富士Sも優勝して重賞連勝!一躍、マイル路線の主役の座を狙う有力馬の1頭となったのだった。残念ながら昨年の秋に挑戦したマイルCSも前走の安田記念も16着と大敗して「G1の壁」と言われるヤツに跳ね返される格好となってしまったが、マイルCSは久々の関西遠征と初めての京都競馬場に戸惑ったのか馬体重は前走比でマイナス12キロ。レースではいつもより行きっぷりが悪かったうえ勝負所でもギアチェンジできず流れに乗り切れなかった。安田記念は前半600mの通過が33秒9という超の付くハイペース。外枠からポジションを取りに行って6番手で競馬をしたヤングマンパワーには流れが向かなかったレースだった(前で競馬をして掲示板に乗ったのはG1を3勝しているロゴタイプだけという先行馬には厳しいレースだった)。今回出走する関屋記念は昨年優勝して久々の重賞タイトルを獲得した験の良いレース。安田記念は大敗こそしたものの最後の直線で見せ場は作ったように走る気持ちにブレは無い。話によると体調も良さそうなので今年も応援してくれたファンの期待に応える良いレースを見せてくれるのではないだろうか!

エクセラントカーヴ
14年11月26日
夏の上り馬も勢いが続かず。第2の馬生に向けて余力のあるうちに引退。
ヴェルデグリーン
14年08月03日
強烈な末脚でG2戦2勝。「まだまだこれから」という時に病の前に倒れた。
シンゲン
14年05月15日
重賞3勝もG1には手が届かず。息の長い活躍でターフを沸かせた。
ジャガーメイル
14年05月09日
天皇賞・春を優勝のほか香港ヴァースでも好走。10歳まで現役を続けた。
コスモネモシン
14年01月30日
条件によってはまだまだ走れそうだったが、牝馬という事もあり繁殖へ。
ネヴァブション
13年12月25日
日経賞やAJCCを2勝などを挙げた中山マイスターも、ついに引退・・・。
マイネルキッツ
13年12月04日
初重賞制覇が天皇賞・春だった。2500m以上で安定した成績を残した。
レインボーダリア
13年11月15日
重馬場の京都で大仕事をやってのけるも、その後は高速馬場に泣いた。
サンテミリオン
13年01月23日
オークスでアパパネとの同着優勝を演じるも、それで力を使い果たした。
バシケーン
12年11月23日
中山コースは得意だったが長期休養後は思ったような成績は残せず・・・。
ホクトスルタン
12年10月07日
マックイーン産駒として天皇賞・春の優勝を期待されたが、非業の死・・・。
アクシオン
12年08月21日
不治の病・屈腱炎を患うも長い休養を経て復帰し、再びターフを沸かした。
オープンガーデン
12年07月25日
ゴーカイの仔として中山GJや大障害優勝を期待されたが手が届かず・・・。

2017年8月12〜13日に行われるレースに出走予定の中山デビュー馬(1000万下以上)

出走予定日
出走予定場所
出走予定レース
レースクラス
競走馬名
着順
クラス
08月12日
新潟競馬場
新潟日報賞
1600万下
フレンドスイート
-
-
08月12日
小倉競馬場
阿蘇S
1600万下
コパノチャーリー
-
-
08月12日
小倉競馬場
阿蘇S
1600万下
モズライジン
-
-
08月13日
新潟競馬場
麒麟山特別
1000万下
ハヤブサプリプリ
-
-
08月13日
新潟競馬場
豊栄特別
1000万下
ヴェアリアスサマー
-
-
08月13日
新潟競馬場
豊栄特別
1000万下
オルレアンローズ
-
-
08月13日
新潟競馬場
関屋記念
G3
オールザゴー
-
-
08月13日
新潟競馬場
関屋記念
G3
マルターズアポジー
-
-
08月13日
新潟競馬場
関屋記念
G3
ヤングマンパワー
-
-
08月13日
小倉競馬場
西部日刊スポーツ杯
1000万下
アミン
-
-
08月13日
小倉競馬場
博多S
1600万下
コパノマリーン
-
-
08月13日
札幌競馬場
エルムS
G3
モンドクラッセ
-
-

2017年8月5〜6日に行われたレースに出走した中山デビュー馬(1000万下以上)

出走予定日
出走予定場所
出走予定レース
レースクラス
競走馬名
着順
クラス
08月05日
新潟競馬場
4R
障害オープン
アムールスキー
01/14
-
08月05日
新潟競馬場
信濃川特別
1000万下
サーレンブラント
03/14
-
08月05日
新潟競馬場
信濃川特別
1000万下
スパーブデイ
14/14
-
08月05日
新潟競馬場
信濃川特別
1000万下
ヒメタチバナ
05/14
-
08月05日
新潟競馬場
越後S
1600万下
ヒカリブランデー
10/15
-
08月05日
新潟競馬場
越後S
1600万下
ヒカリマサムネ
12/15
-
08月05日
札幌競馬場
札幌日経オープン
オープン
モンドインテロ
01/10
-
08月06日
新潟競馬場
邁進特別
1000万下
タイキパラドックス
09/12
-
08月06日
新潟競馬場
邁進特別
1000万下
リュウツバメ
07/12
-
08月06日
札幌競馬場
大倉山特別
1000万下
ウェイトアンドシー
13/14
-
08月06日
札幌競馬場
大倉山特別
1000万下
レッツゴースター
04/14
-
08月06日
札幌競馬場
大倉山特別
1000万下
ワイドリーザワン
08/14
-
08月06日
札幌競馬場
藻岩山特別
1000万下
オウケンブラック
07/11
-
08月06日
札幌競馬場
藻岩山特別
1000万下
クラウンディバイダ
03/11
-
08月06日
札幌競馬場
藻岩山特別
1000万下
ブリガアルタ
10/11
-
08月06日
札幌競馬場
藻岩山特別
1000万下
レッドベリンダ
04/11
-