ダービー終了後、翌年のダービーを目指して間を空けずに始まる2歳新馬戦。中山競馬場でも新馬戦は9月の第4回中山競馬から翌年の第2回中山競馬(3月)までの4開催で行われています・・・が、時代を彩る数多の名馬がデビューしたのも今は昔。「器用でないと勝てない」と、栗東どころか美浦所属の調教師からも敬遠されている感のある現状で、期待馬や素質馬のデビュー地として選ばれる事は少なくなりました。しかし、そんな中山競馬場でデビューした馬達でも後にしっかりと活躍しているのです。

このコーナーは、そんな中山競馬場でデビューした馬達を追いかけるという内容(現役)。題して「中山デビュー馬を追え!」。略して「ナカデビュ!」です(怪しい響きは気にしないでください)。
先週、PUしたフェイムゲーム(ステイヤーズS)は2着。

G2戦6勝を誇るバランスオブゲームの半弟と言う血統背景もありデビュー戦では後に朝日杯FSで3着になるゴットフリートよりも多くの支持を集めたがスタートで大きく出遅れて8着。その競馬振りから「良くなるのはもう少し先ではないか」というのがレースを観た正直な感想だったのだが・・・、3戦目となった3カ月後の未勝利戦を快勝すると、返す刀で挑戦した4戦目の京成杯をも優勝!出走するのさえ困難な皐月賞の切符を年始早々にゲットしたフェイムゲーム。骨折のため残念ながら日本ダービーに出走する事は叶わなかったものの半年の休養を経た暮れのディセンバーSで復帰。2走目のAJCCでは復調を匂わせる3着になると、3戦目となったダイヤモンドSを快勝!その後は重賞の舞台でトップクラスを相手に一歩も引かない競馬を披露している。海外遠征などの影響もあって1年以上も勝利から遠ざかっていたが去勢手術明けとなった昨年のアルゼンチン共和国杯で最後方から追い込み5着になると今年の目黒記念では58キロという酷量を背負いながら優勝したのだった。持ち味は馬込みに突っ込んでも怯まない根性。ゲートが開いた後の行き脚がつきにくいこと、また勝負所の反応があまり良くないことなどから瞬発力勝負では分が悪いが「前半はゆったり乗れて最後に長くいい脚を求められるレース」は大の得意。今回出走するステイヤーズSは中山の内回りコースを2周するマラソンレース。年齢も年齢だけに大きな上積みはないだろうがG2戦ながら3600mという特殊な距離で行われるレースのため活きの良い若駒もおらず相手は3連覇を目論むアルバートただ一頭と言ったところ。老いてますます盛んな姿をファンに見せてくれるのではないだろうか!〜ということでピックアップしたのだが・・・。スタートすると他の馬の出方を見ながら中団からの競馬だったが、直ぐ後ろを最大のライバル・アルバートがピタリとマークするというキツい展開。勝負所で仕掛けてポジションを上げる時も最後の直線で抜け出した後も良い目標にされてしまった。ハナを奪ったグランアルマダにシルクドリーマーが鈴を付けにいったこともあり長距離戦の割にレースは流れたが、そんなペースでも何度か首を上げる仕草を見せたフェイムゲーム。道中、しっかりと折り合えていれば〜と欲が出るが、それでも結果を残すあたりは衰え知らずで流石と言ったところ。こえらからもまだまだターフを賑わせてくれそうだ!

さてさて、そんな先週の回顧もこのくらいにして・・・

今週ピックアップしたいのは第5回阪神競馬4日目の阪神ジュベナイルフィリーズに出走するトーセンブレス。デビューは今年9月に行われた第4回中山4日目の新馬戦。ゲートはそれなりに出たものの行き脚付かずに最後方からの競馬。その後もなかなかレースの流れに乗りきれず道中は追走で手一杯に見えたのだが3コーナー手前から勢いがつき始めると最後の直線では放たれた矢のような伸びを見せて前を行く馬たちをゴボウ抜き。気がつけば騎乗した柴田善臣騎手が手綱を緩めるほどの余裕さえ見せての先頭ゴールとなったのだった。スローペースになりやすい新馬戦で馬場コンディションは稍重。正直、1分37秒5という走破タイムは目立ったものではないが、好位抜けだしを狙って先に先頭に立ったプリモシーンを外から並ぶ間もなく交わし去った末脚は破壊力抜群だった。6着に敗れた前走のアルテミスSは新馬戦と同じようにスタートがイマイチ(汗)。直ぐにスピードに乗ってポジションを押し上げたものの最後の直線に入って追いだしてみると反応もイマイチ(汗)。ゴールまで200mを切ってようやく伸び始めたものの今度は前が壁。最後は脚を余しつつ雪崩れ込むようにしてゴールとなったのだった。伸び始めたところで進路があれば「勝てた」とは言わないまでも馬券圏内は確保できたであろうと思われる・・・が、デビュー2戦目という事もあって競馬自体が荒削り。「能力の差」というよりは現時点での「完成度の差」が着順の数字となった格好だ。今回出走する阪神JFは2歳女王決定戦。コース替わり・馬場・相手・競馬に対しての慣れなどなど不確定要素がある事は確かだが一緒に走るのは似たような境遇の2歳牝馬達。泣き言は言っていられない。サトノアレス、ダノンプラチナ、ショウナンアデラなどなど幸いディープインパクト産駒と阪神1600mの相性は悪くない。抽選に通った幸運を自信に新馬戦で見せたような末脚で他馬をなで斬りにして欲しい!

エクセラントカーヴ
14年11月26日
夏の上り馬も勢いが続かず。第2の馬生に向けて余力のあるうちに引退。
ヴェルデグリーン
14年08月03日
強烈な末脚でG2戦2勝。「まだまだこれから」という時に病の前に倒れた。
シンゲン
14年05月15日
重賞3勝もG1には手が届かず。息の長い活躍でターフを沸かせた。
ジャガーメイル
14年05月09日
天皇賞・春を優勝のほか香港ヴァースでも好走。10歳まで現役を続けた。
コスモネモシン
14年01月30日
条件によってはまだまだ走れそうだったが、牝馬という事もあり繁殖へ。
ネヴァブション
13年12月25日
日経賞やAJCCを2勝などを挙げた中山マイスターも、ついに引退・・・。
マイネルキッツ
13年12月04日
初重賞制覇が天皇賞・春だった。2500m以上で安定した成績を残した。
レインボーダリア
13年11月15日
重馬場の京都で大仕事をやってのけるも、その後は高速馬場に泣いた。
サンテミリオン
13年01月23日
オークスでアパパネとの同着優勝を演じるも、それで力を使い果たした。
バシケーン
12年11月23日
中山コースは得意だったが長期休養後は思ったような成績は残せず・・・。
ホクトスルタン
12年10月07日
マックイーン産駒として天皇賞・春の優勝を期待されたが、非業の死・・・。
アクシオン
12年08月21日
不治の病・屈腱炎を患うも長い休養を経て復帰し、再びターフを沸かした。
オープンガーデン
12年07月25日
ゴーカイの仔として中山GJや大障害優勝を期待されたが手が届かず・・・。

2017年12月9〜10日に行われるレースに出走予定の中山デビュー馬(1000万下以上)

出走予定日
出走予定場所
出走予定レース
レースクラス
競走馬名
着順
クラス
12月09日
中山競馬場
8R
1000万下
リモンディ
-
-
12月09日
中山競馬場
霞ヶ浦特別
1000万下
クラウンディバイダ
-
-
12月09日
中山競馬場
霞ヶ浦特別
1000万下
ゴールドスミス
-
-
12月09日
中山競馬場
霞ヶ浦特別
1000万下
サンシロウ
-
-
12月09日
中山競馬場
霞ヶ浦特別
1000万下
ジョンブドール
-
-
12月09日
中山競馬場
霞ヶ浦特別
1000万下
フジマサエンペラー
-
-
12月09日
中山競馬場
アクアラインS
1600万下
アシャカダイキ
-
-
12月09日
中山競馬場
アクアラインS
1600万下
チェラカーギー
-
-
12月09日
中山競馬場
アクアラインS
1600万下
ヒカリブランデー
-
-
12月09日
中山競馬場
アクアラインS
1600万下
ベック
-
-
12月09日
中山競馬場
アクアラインS
1600万下
リンガスウーノ
-
-
12月09日
中山競馬場
師走S
オープン
ディアデルレイ
-
-
12月09日
阪神競馬場
8R
1000万下
シベリウス
-
-
12月09日
阪神競馬場
リゲルS
オープン
オールザゴー
-
-
12月09日
阪神競馬場
リゲルS
オープン
トーキングドラム
-
-
12月09日
中京競馬場
5R
障害オープン
ホーガンブリッジ
-
-
12月09日
中京競馬場
浜名湖特別
1000万下
ワイドリーザワン
-
-
12月10日
中山競馬場
8R
1000万下
アナザートゥルース
-
-
12月10日
中山競馬場
8R
1000万下
セイカエドミザカ
-
-
12月10日
中山競馬場
8R
1000万下
ハヤブサプリプリ
-
-
12月10日
中山競馬場
8R
1000万下
ピアシングステア
-
-
12月10日
中山競馬場
8R
1000万下
ミッシングリンク
-
-
12月10日
中山競馬場
カペラS
G3
ナンチンノン
-
-
12月10日
中山競馬場
カペラS
G3
ニットウスバル
-
-
12月10日
中山競馬場
カペラS
G3
モンドクラッセ
-
-
12月10日
中山競馬場
12R
1000万下
アースミステリー
-
-
12月10日
中山競馬場
12R
1000万下
リュウツバメ
-
-
12月10日
中山競馬場
12R
1000万下
ロジベスト
-
-
12月10日
阪神競馬場
阪神JF
2歳牝G1
トーセンブレス
-
-

2017年12月2〜3日に行われたレースに出走した中山デビュー馬(1000万下以上)

出走予定日
出走予定場所
出走予定レース
レースクラス
競走馬名
着順
クラス
12月02日
中山競馬場
イルミネーションJS
障害オープン
シベリアンタイガー
07/10
12月02日
中山競馬場
北総S
1600万下
ファドーグ
04/16
12月02日
中山競馬場
北総S
1600万下
フレンドスイート
13/16
12月02日
中山競馬場
北総S
1600万下
メガオパールカフェ
11/16
12月02日
中山競馬場
ステイヤーズS
G2
サイモントルナーレ
10/10
12月02日
中山競馬場
ステイヤーズS
G2
フェイムゲーム
02/10
12月02日
中山競馬場
12R
1000万下
ヴァッハウ
14/15
12月02日
中山競馬場
12R
1000万下
コスモヨハネ
04/15
12月02日
中山競馬場
12R
1000万下
サレンティーナ
07/15
12月02日
阪神競馬場
チャレンジC
G3
モンドインテロ
04/12
12月03日
中山競馬場
市川S
1600万下
デアレガーロ
01/13
12月03日
中山競馬場
ラピスラズリS
オープン
ショウナンアチーヴ
07/12
12月03日
中山競馬場
12R
1000万下
コスモピクシス
04/10
12月03日
中山競馬場
12R
1000万下
サブライムカイザー
06/10
12月03日
中山競馬場
12R
1000万下
ハヤブサライデン
08/10
12月03日
中山競馬場
12R
1000万下
パラダガール
03/10
12月03日
阪神競馬場
姫路特別
1000万下
ウェイトアンドシー
13/14
12月03日
中京競馬場
鳥羽特別
1000万下
ウォークロニクル
07/18