ダービー終了後、翌年のダービーを目指して間を空けずに始まる2歳新馬戦。中山競馬場でも新馬戦は9月の第4回中山競馬から翌年の第2回中山競馬(3月)までの4開催で行われています・・・が、時代を彩る数多の名馬がデビューしたのも今は昔。「器用でないと勝てない」と、栗東どころか美浦所属の調教師からも敬遠されている感のある現状で、期待馬や素質馬のデビュー地として選ばれる事は少なくなりました。しかし、そんな中山競馬場でデビューした馬達でも後にしっかりと活躍しているのです。

このコーナーは、そんな中山競馬場でデビューした馬達を追いかけるという内容(現役)。題して「中山デビュー馬を追え!」。略して「ナカデビュ!」です(怪しい響きは気にしないでください)。
先週、PUしたキングハート(函館SS)は11着・・・。

デビューは2015年の9月に行われた第4回中山競馬。特段、好スタートを切ったという訳ではなかったものの二の脚の速さでハナを奪うとゴール手前20mまで先頭という競馬。最後の最後でアポロジョージアに差されて2着に敗れてしまったが8番人気という低評価を覆すのと同時に非凡なスピードの持ち主であることをファンに知らしめるには十分な内容だった。その後、福島で行われた3走目の未勝利戦を勝ち上がるとゆっくりながらも堅実な走りを見せてきたキングハート・・・だったのだが目を引くのは昨年以降のレース振り。8走前の春雷Sは2着にこそ負けてしまったものの最後の直線で馬群を割りながら伸びて勝ったフィドゥーシアに肉薄。また7走前の鞍馬Sは最後の直線で他馬を外からねじ伏せるようにして優勝するなど本格化を予感させる内容で、その予感が間違いではなかった事を北九州記念などの重賞レースで証明してくれたのだった。本格化した後も成績にムラがあるのは確かなもののオパールSは終始外々を回されて脚を溜めることができず決め手勝負で後れを取ったため。シルクロードSは脚元の不安もあって明らかに仕上がり途上だったためと理由があった。逃げるネロを4コーナーで射程圏に入れると最後の直線ではレーヌミノルと競り合いながら脚を伸ばしつつナックビーナスの追撃をも封じ込めるという濃い内容で優勝したオーシャンSが本格化した後の本来の彼の姿だ。今回出走する函館SSは函館競馬場の芝1200mで行われるG3戦。前走のG1・高松宮記念は10着とほろ苦い結果に終わったが入った枠が8枠17番。道中、後方で脚を溜めて最後の直線での末脚勝負に賭けたのたものの前の馬が止まらない展開で追い込みきれなかった。騎乗した北村宏司騎手も本当はもっと前で競馬をしたかったと思われるがスタート直後に内の馬とのポジション争いによる消耗を避けるため何時もよりも後ろの位置で競馬をせざるを得なかったのだろう。開幕週に行われるレースと言うこともあって今回も入る枠は重要だが、過去10年の成績を見ると枠によって極端な有利不利が出ていないのが函館SSというレース。昨年、2着となっている験の良いレースで前走のリベンジを期待したい!〜ということでピックアップしたのだが・・・惨敗。スタート直後に押して押して出して行ったものの他の速い馬達には敵わずズルズルとポジションを下げるキングハート。気がつけば後方3番手からの競馬となってしまったが、なんとかかんとかこの位置で流れに乗って最後の直線勝負に望みを賭けた、賭けたのだが・・・開幕週の馬場と言うこともあって前が止まらなかった。最後は馬群に突っ込みながらも差を詰める姿は見せてくれたもののスピードに乗り切れなかった前半のロスが大きかったため挽回しきれなかった今回のレース。期待を大きく裏切る結果となったとはいえ走る気を失ったものではなかったので次走に期待したいと思う。

さてさて、そんな先週の回顧もこのくらいにして・・・

今週ピックアップしたいのは第3回東京競馬7日目の夏至Sに出走するスピーディクール。2016年第4回中山開催のデビュー戦は9番人気で12着。福島競馬場で行われた2戦目の未勝利戦は11番人気で8着だった彼が変わり身を見せたのが中京で行われた3戦目の未勝利戦。道中はレースの流れに乗りきれずズルズルとポジションを下げたものの最後の直線は外から豪快に追い込んで3着になると、4戦目の3着、5戦目の2着を経て6戦目で念願の初勝利!その後は勝てこそしないまでも好走を続けると昨年の秋に破竹の3連勝を達成して一気にオープン馬まで上り詰めたスピーディクール。初のオープン特別戦出走となった2走前のバレンタインSは2番人気に支持されながら8着と惨敗に終わったものの最後の直線入り口で周りを囲まれて行き場を失い追い出しが遅れる不利。何とか外に持ち出すとジワリジワリと追い上げて差を詰めた・・・ところで再び前が壁となるという不利が2回重なったため。どちらの不利もスピードに乗りかけたところで〜という致命的なものだったことを考えると、これらの不利が無ければもう少し良い着順だったハズ。決して能力が足りず家賃が高かった訳ではないだろう。今回出走する夏至Sは東京競馬場のダート1600mで行われる1600万下戦。東京競馬場のダート1600mは初めて走る距離・コースではあるものの1600万下は3走前の仲冬Sで一度は卒業したクラス。その仲冬Sがスタミナの問われる中山競馬場で行われた1800m戦で、尚且つ先行押し切りだったのだから距離に関しても不安は無い。ハンデ戦でトップハンデを背負わされたとはいえ能力は上位。ここをきっちり勝ちきってオープン馬に返り咲く!

エクセラントカーヴ
14年11月26日
夏の上り馬も勢いが続かず。第2の馬生に向けて余力のあるうちに引退。
ヴェルデグリーン
14年08月03日
強烈な末脚でG2戦2勝。「まだまだこれから」という時に病の前に倒れた。
シンゲン
14年05月15日
重賞3勝もG1には手が届かず。息の長い活躍でターフを沸かせた。
ジャガーメイル
14年05月09日
天皇賞・春を優勝のほか香港ヴァースでも好走。10歳まで現役を続けた。
コスモネモシン
14年01月30日
条件によってはまだまだ走れそうだったが、牝馬という事もあり繁殖へ。
ネヴァブション
13年12月25日
日経賞やAJCCを2勝などを挙げた中山マイスターも、ついに引退・・・。
マイネルキッツ
13年12月04日
初重賞制覇が天皇賞・春だった。2500m以上で安定した成績を残した。
レインボーダリア
13年11月15日
重馬場の京都で大仕事をやってのけるも、その後は高速馬場に泣いた。
サンテミリオン
13年01月23日
オークスでアパパネとの同着優勝を演じるも、それで力を使い果たした。
バシケーン
12年11月23日
中山コースは得意だったが長期休養後は思ったような成績は残せず・・・。
ホクトスルタン
12年10月07日
マックイーン産駒として天皇賞・春の優勝を期待されたが、非業の死・・・。
アクシオン
12年08月21日
不治の病・屈腱炎を患うも長い休養を経て復帰し、再びターフを沸かした。
オープンガーデン
12年07月25日
ゴーカイの仔として中山GJや大障害優勝を期待されたが手が届かず・・・。

2018年6月23〜24日に行われるレースに出走予定の中山デビュー馬(1000万下以上)

出走予定日
出走予定場所
出走予定レース
レースクラス
競走馬名
着順
クラス
06月23日
東京競馬場
八ヶ岳特別
1000万下
オンタケハート
-
-
06月23日
東京競馬場
夏至S
1600万下
スピーディクール
-
-
06月23日
東京競馬場
夏至S
1600万下
メイスンウォー
-
-
06月23日
東京競馬場
夏至S
1600万下
メガオパールカフェ
-
-
06月23日
阪神競馬場
京橋特別
1000万下
サブライムカイザー
-
-
06月24日
東京競馬場
清里特別
1000万下
ダイワスキャンプ
-
-
06月24日
東京競馬場
清里特別
1000万下
ララパルーザ
-
-
06月24日
東京競馬場
清里特別
1000万下
ワンダープラヤアン
-
-
06月24日
阪神競馬場
花のみちS
1600万下
シルバードリーム
-
-
06月24日
阪神競馬場
花のみちS
1600万下
ダノンアイリス
-
-
06月24日
阪神競馬場
花のみちS
1600万下
ヒカリマサムネ
-
-
06月24日
阪神競馬場
リボン賞
1000万下
カバトット
-
-
06月24日
函館競馬場
UHB杯
1000万下
プッシュアゲン
-
-

2018年6月16〜17日に行われたレースに出走した中山デビュー馬(1000万下以上)

出走予定日
出走予定場所
出走予定レース
レースクラス
競走馬名
着順
クラス
06月16日
東京競馬場
相模湖特別
1000万下
オルレアンローズ
10/13
06月16日
東京競馬場
相模湖特別
1000万下
コスモヨハネ
07/13
06月16日
東京競馬場
相模湖特別
1000万下
ベストリゾート
09/13
06月16日
東京競馬場
ジューンS
1600万下
クラウンディバイダ
01/09
06月16日
東京競馬場
ジューンS
1600万下
コパノマリーン
05/09
06月16日
阪神競馬場
天保山S
オープン
ニットウスバル
13/16
06月16日
阪神競馬場
天保山S
オープン
ヒカリブランデー
14/16
06月17日
東京競馬場
青梅特別
1000万下
グッドラックサマー
15/15
06月17日
東京競馬場
青梅特別
1000万下
ブライトリビング
09/15
06月17日
東京競馬場
青梅特別
1000万下
ポンデザムール
10/15
06月17日
東京競馬場
ユニコーンS
3歳G3
トキノパイレーツ
06/16
06月17日
東京競馬場
ユニコーンS
3歳G3
ミックベンハー
11/16
06月17日
阪神競馬場
箕面特別
1000万下
シアーライン
09/16
06月17日
阪神競馬場
箕面特別
1000万下
メープル
10/16
06月17日
函館競馬場
函館SS
G3
キングハート
11/16