ダービー終了後、翌年のダービーを目指して間を空けずに始まる2歳新馬戦。中山競馬場でも新馬戦は9月の第4回中山競馬から翌年の第2回中山競馬(3月)までの4開催で行われています・・・が、時代を彩る数多の名馬がデビューしたのも今は昔。「器用でないと勝てない」と、栗東どころか美浦所属の調教師からも敬遠されている感のある現状で、期待馬や素質馬のデビュー地として選ばれる事は少なくなりました。しかし、そんな中山競馬場でデビューした馬達でも後にしっかりと活躍しているのです。

このコーナーは、そんな中山競馬場でデビューした馬達を追いかけるという内容(現役)。題して「中山デビュー馬を追え!」。略して「ナカデビュ!」です(怪しい響きは気にしないでください)。
先週PUしたマイネルアウラート(中京記念)は16着・・・。

デビューは2013年の9月に行われた第4回中山開催。人気馬たちがスタートで戸惑う中、持ち前のスピードでハナを奪うと最後まで先頭を譲らず2着のチェザーレに2馬身差をつけて完勝。走破タイムこそ目立ったものではなかったものの潜在能力の高さをファンに知らしめるには十分の内容だった。その後は500万下を卒業するのに6戦、1000万下を卒業するのに更に7戦を要したが(条件移動で500万下に降級したため2度目の1000万下卒業は更に更に7戦)、2度目の1000万下卒業後は直ぐに1600万下も優勝。念願のオープンクラスまで上り詰めたマイネルアウラート。今では重賞に欠かせない名バイプレイヤーとして存在感を示している。2走前の東京新聞杯と前走のダービー卿CTは共に4着。見方によってはどちらも煮え切らない競馬に映ったかもしれないが、東京新聞杯は逃げるとは思わなかったブラックスピネルにハナを叩かれ前半1000mの通過が1分2秒2という超・超・超スローペース。自身が苦手としている究極の瞬発力勝負になってしまったもののそれでも4着を確保した。ダービー卿CTは好位でレースの流れに乗りながらも勝負所の4コーナーでモタモタ。それでも最後の直線で懸命に脚を伸ばして4着を確保した・・・と考えれば見方が変わってくるのではないか。今回出走する中京記念は夏の中京競馬のラストを飾る芝1600mのG3戦。最終週を迎えた芝コースは内ラチ沿いの荒れが目立ち始めているが、かといって「追い込み天国」という感じでもない。メンバーを見渡すと逃げ・先行馬多数でハイペース必至。好位で流れに乗りながらワンパンチ足りなかった近走を考えると吹いているのは追い風のハズだ!〜といことでピックアップしたのだが・・・。スタートすると他の馬の出方を見ながら好位4番手を確保。このポジションで競馬を進めると手応え十分で最後の直線に向いたのだが、直線半ば、坂を上りきったところでスタミナが切れてズルズル後退。昨年に続く大敗を喫してしまったのだった。開催最終週を迎えて荒れが目立っていた中京競馬場の芝コースは直前に降った雨の影響もあって内ラチ沿い1頭分が伸びるという特殊な馬場状態・・・ではあったものの、負けるにしたって負けすぎ。ここ数戦、結果を残してきた「逃げ」という戦法を封印して好位での競馬を試みているマイネルアウラート。オープン特別ならまだしも重賞以上を目指すなら「逃げ一手では厳しい」と踏んでの脚質転換なのかもしれないが、その脚質転換が「煮え切らない競馬」の一因になっているような気がする(どんな方針でも勝てば官軍ですからね)。今後はどこを走るかは分からないが、まずは得意な戦法で勝負をして何がベストなのかをしっかりと見極めて欲しいと思う。

さてさて、そんな先週の回顧もこのくらいにして・・・

今週ピックアップしたいのは第2回小倉競馬2日目の不知火特別に出走するコパノマリーン。デビューは暮れも迫った2015年の第5回中山開催。ゲートが開くとなかなか折り合いがつかず首を上げながら3番手を追走。このまま自滅して馬群に沈むかと思われたものの終わってみれば2着に1馬身と4分の1差をつける完勝劇で1番人気に支持してくれたファンの期待に応えた・・・のだが、その後が続かず。2勝目を上げるのに7戦をも要する事になってしまったコパノマリーンではあるが、条件移動により500万下に降級して挑んだ前走の織姫賞が秀逸。1枠1番という好枠を活かしてハナを奪うとハイペースでの逃走劇でゴールした時には2着のスターファセットに3馬身差、そのスターファセットがハギノカエラに3馬身差をつけるという内容のレースだった。勝ちタイムは1分58秒8。時計は一つの指標に過ぎないが同日に行われたG3戦・七夕賞の勝ちタイムが1分58秒2であること、前日に行われた1000万下戦・松島特別の勝ちタイムが2分00秒6である事を考えると非常に優秀。そんなタイムを逃げて自らの力で叩き出したのだから評価は高い。今回出走する不知火特別は1000下の特別戦ながら1600万下クラスから降級してきたサトノケンシロウやタニノアーバンシーなど強敵が顔を揃えた好レース。厳しい戦いが予想されるのは承知の上。前走の織姫賞で覚醒したと思しき彼女がそんな彼らを相手にどこまでやれるか。胸を借りるつもりで勝負に挑んでもらいたい!

エクセラントカーヴ
14年11月26日
夏の上り馬も勢いが続かず。第2の馬生に向けて余力のあるうちに引退。
ヴェルデグリーン
14年08月03日
強烈な末脚でG2戦2勝。「まだまだこれから」という時に病の前に倒れた。
シンゲン
14年05月15日
重賞3勝もG1には手が届かず。息の長い活躍でターフを沸かせた。
ジャガーメイル
14年05月09日
天皇賞・春を優勝のほか香港ヴァースでも好走。10歳まで現役を続けた。
コスモネモシン
14年01月30日
条件によってはまだまだ走れそうだったが、牝馬という事もあり繁殖へ。
ネヴァブション
13年12月25日
日経賞やAJCCを2勝などを挙げた中山マイスターも、ついに引退・・・。
マイネルキッツ
13年12月04日
初重賞制覇が天皇賞・春だった。2500m以上で安定した成績を残した。
レインボーダリア
13年11月15日
重馬場の京都で大仕事をやってのけるも、その後は高速馬場に泣いた。
サンテミリオン
13年01月23日
オークスでアパパネとの同着優勝を演じるも、それで力を使い果たした。
バシケーン
12年11月23日
中山コースは得意だったが長期休養後は思ったような成績は残せず・・・。
ホクトスルタン
12年10月07日
マックイーン産駒として天皇賞・春の優勝を期待されたが、非業の死・・・。
アクシオン
12年08月21日
不治の病・屈腱炎を患うも長い休養を経て復帰し、再びターフを沸かした。
オープンガーデン
12年07月25日
ゴーカイの仔として中山GJや大障害優勝を期待されたが手が届かず・・・。

2017年7月29〜30日に行われるレースに出走予定の中山デビュー馬(1000万下以上)

出走予定日
出走予定場所
出走予定レース
レースクラス
競走馬名
着順
クラス
07月29日
小倉競馬場
小倉サマーJ
障害G3
ラステラ
-
-
07月29日
小倉競馬場
湯布院特別
1000万下
ヤマニンアタシャン
-
-
07月29日
小倉競馬場
薩摩S
1600万下
キングルアウ
-
-
07月30日
新潟競馬場
岩室温泉特別
1000万下
ワキノハガクレ
-
-
07月30日
小倉競馬場
不知火特別
1000万下
コパノマリーン
-
-
07月30日
札幌競馬場
ポプラ特別
1000万下
オージャイト
-
-
07月30日
札幌競馬場
ポプラ特別
1000万下
ツインキャンドル
-
-
07月30日
札幌競馬場
ポプラ特別
1000万下
マーブルケーキ
-
-
07月30日
札幌競馬場
道新スポーツ賞
1000万下
パラダイスガーデン
-
-

2017年7月22〜23日に行われたレースに出走した中山デビュー馬(1000万下以上)

出走予定日
出走予定場所
出走予定レース
レースクラス
競走馬名
着順
クラス
07月22日
福島競馬場
いわき特別
1000万下
サトノメサイア
07/10
07月22日
福島競馬場
いわき特別
1000万下
ミッキースワロー
03/10
07月22日
福島競馬場
いわき特別
1000万下
ミッシングリンク
04/10
07月22日
福島競馬場
白川特別
1000万下
ミエノドリーマー
06/12
07月22日
福島競馬場
白川特別
1000万下
リバティーホール
02/12
07月22日
中京競馬場
長久手特別
1000万下
アナザープラネット
06/14
07月22日
函館競馬場
函館日刊スポーツ杯
1600万下
ウエスタンユーノー
15/15
07月23日
福島競馬場
横手特別
1000万下
シベリウス
04/15
07月23日
中京競馬場
中京記念
G3
マイネルアウラート
16/16
07月23日
函館競馬場
松前特別
1000万下
クラウンディバイダ
02/10
07月23日
函館競馬場
潮騒特別
1000万下
コパノチャンス
01/16