ダービー終了後、翌年のダービーを目指して間を空けずに始まる2歳新馬戦。中山競馬場でも新馬戦は9月の第4回中山競馬から翌年の第2回中山競馬(3月)までの4開催で行われています・・・が、時代を彩る数多の名馬がデビューしたのも今は昔。「器用でないと勝てない」と、栗東どころか美浦所属の調教師からも敬遠されている感のある現状で、期待馬や素質馬のデビュー地として選ばれる事は少なくなりました。しかし、そんな中山競馬場でデビューした馬達でも後にしっかりと活躍しているのです。

このコーナーは、そんな中山競馬場でデビューした馬達を追いかけるという内容(現役)。題して「中山デビュー馬を追え!」。略して「ナカデビュ!」です(怪しい響きは気にしないでください)。
先週ピックアップしたカリビアンゴールド(オークス)は11着。

デビューは昨年9月に行われた第4回中山開催1日目の新馬戦。前半1000mの通過が61秒0というスローペースではあったが好位で上手く流れに乗ると最後の直線は前を行く3頭を交わしてデビュー勝ち。その後、3戦を要するものの3走前の500万下戦を勝利してオープン馬になると前走のスイトピーSで2着となって出走権を獲得、樫の舞台に駒を進めてきた。500万下で惨敗したと思ったらオープンで好走するなど成績にはムラがあるが、ムラの理由は馬群の中に入ると怯るんで競馬を止めてしまうような面があるため。前走のように最後の直線で広く視界を確保できるような展開になると能力を発揮してしぶとい脚を使うのが特徴だ。管理する小島太調教師は「良くなるのは秋」との見立てのようで苦しい戦いになるのは免れそうにないが、2400mはマナローラ以外は初めて走る距離。カリビアンゴールドとて未知の距離ではあるものの、こちとら無欲で勝負できるという強みがある。何より今世代の中山デビュー馬で唯一のオークス出走を果たした彼女を応援しない訳にはいかない!一生に一度の舞台に出走するための切符をもぎ取った末脚を再び繰り出して皆の記憶に残るような爪痕を残してほしい〜ということでピックアップしたのだが・・・。スタートすると他の馬の出方を見ながら好位にポジション取り。道中は馬群の中に入れて脚を溜める作戦で最後の直線に賭けたもののスピードに乗り始めた一番大事なところで進路が狭くなる不利。視界が開けてからは懸命に追い上げたが「時、既に遅し」だった。あの不利がなければもっと良い着順だったであろう事は間違いないものの、これも競馬。力負けではなかったことを今後の競走生活の糧とするしかない。とにかくお疲れ様でした。

さてさて、そんな先週の回顧もこのくらいにして・・・

今週ピックアップしたいのは第2回東京12日目の目黒記念に出走するモンドインテロ。オープン昇級後は並み居る強豪馬を相手に気後れもせず好勝負を繰り広げているモンドインテロ。圧巻だったのは昨年の札幌日経OPだ。密集するインコースを避けて外から豪快に一捲りすると最後の直線では勢いそのままに伸びて優勝をもぎ取る姿はまさに横綱相撲。「タイトルホルダーとなる日も遠くない」という気にさせられたレースだった。その後は人気になるもののあと一歩足りないレースが続いているが、差し・追い込みという脚質から流れに左右されやすく勝負所でも外を回らされるなどロスが多いこと、またディープインパクト産駒にしては切れ味勝負では分が悪いことなどが要因ではないか。3着だった3走前のステイヤーズSや日経新春杯も最後の直線は外を通ってよく追い上げたのだが追い込み切れずという内容だった。今回出走する目黒記念は府中の2500m戦。切れ味勝負になりやすい東京コースにあってスローのヨーイドンにはなり難いスタミナが問われる距離のためモンドインテロの持ち味が活きる舞台である。昨年は5着ながら勝ち馬とは0.2秒差。斤量差が2キロあったことを考えると「同斤量なら勝っていた」とまでは言わないもののコース取りや流れ一つで違った結果になっていた可能性はあった。覆っているのは薄皮一枚。この皮を破って今度こそ念願の重賞タイトルホルダーだ!

エクセラントカーヴ
14年11月26日
夏の上り馬も勢いが続かず。第2の馬生に向けて余力のあるうちに引退。
ヴェルデグリーン
14年08月03日
強烈な末脚でG2戦2勝。「まだまだこれから」という時に病の前に倒れた。
シンゲン
14年05月15日
重賞3勝もG1には手が届かず。息の長い活躍でターフを沸かせた。
ジャガーメイル
14年05月09日
天皇賞・春を優勝のほか香港ヴァースでも好走。10歳まで現役を続けた。
コスモネモシン
14年01月30日
条件によってはまだまだ走れそうだったが、牝馬という事もあり繁殖へ。
ネヴァブション
13年12月25日
日経賞やAJCCを2勝などを挙げた中山マイスターも、ついに引退・・・。
マイネルキッツ
13年12月04日
初重賞制覇が天皇賞・春だった。2500m以上で安定した成績を残した。
レインボーダリア
13年11月15日
重馬場の京都で大仕事をやってのけるも、その後は高速馬場に泣いた。
サンテミリオン
13年01月23日
オークスでアパパネとの同着優勝を演じるも、それで力を使い果たした。
バシケーン
12年11月23日
中山コースは得意だったが長期休養後は思ったような成績は残せず・・・。
ホクトスルタン
12年10月07日
マックイーン産駒として天皇賞・春の優勝を期待されたが、非業の死・・・。
アクシオン
12年08月21日
不治の病・屈腱炎を患うも長い休養を経て復帰し、再びターフを沸かした。
オープンガーデン
12年07月25日
ゴーカイの仔として中山GJや大障害優勝を期待されたが手が届かず・・・。

2017年5月27〜28日に行われるレースに出走予定の中山デビュー馬(1000万下以上)

出走予定日
出走予定場所
出走予定レース
レースクラス
競走馬名
着順
クラス
05月27日
東京競馬場
富嶽賞
1000万下
ファンシーリシェス
-
-
05月27日
東京競馬場
富嶽賞
1000万下
メリートーン
-
-
05月27日
東京競馬場
葉山特別
1000万下
アムネスティ
-
-
05月27日
東京競馬場
葉山特別
1000万下
ラベンダーメモリー
-
-
05月27日
東京競馬場
欅S
オープン
キタサンミカヅキ
-
-
05月27日
東京競馬場
欅S
オープン
レッドゲルニカ
-
-
05月27日
東京競馬場
12R
1000万下
クレマンダルサス
-
-
05月27日
東京競馬場
12R
1000万下
マーブルケーキ
-
-
05月27日
京都競馬場
京都ハイJ
障害G2
アロヒラニ
-
-
05月28日
東京競馬場
青嵐賞
1000万下
サブライムカイザー
-
-
05月28日
東京競馬場
目黒記念
G2
フェイムゲーム
-
-
05月28日
東京競馬場
目黒記念
G2
モンドインテロ
-
-
05月28日
京都競馬場
東大路S
1600万下
キングルアウ
-
-

2017年5月20〜21日に行われたレースに出走した中山デビュー馬(1000万下以上)

出走予定日
出走予定場所
出走予定レース
レースクラス
競走馬名
着順
クラス
05月20日
東京競馬場
是政特別
1000万下
キールコネクション
07/16
05月20日
東京競馬場
是政特別
1000万下
ダンディーレイ
11/16
05月20日
東京競馬場
是政特別
1000万下
ピエアシングステア
09/16
05月20日
東京競馬場
是政特別
1000万下
モンドアルジェンテ
01/16
05月20日
東京競馬場
是政特別
1000万下
ラテールプロミーズ
06/16
05月20日
東京競馬場
是政特別
1000万下
ワイルドダンサー
03/16
05月20日
東京競馬場
12R
1000万下
ブラウンカイ
15/18
05月20日
東京競馬場
12R
1000万下
プレイヤード
12/18
05月20日
京都競馬場
シドニーT
1600万下
ヒカリブランデー
03/16
05月20日
京都競馬場
平安S
G3
コパノチャーリー
16/16
05月20日
京都競馬場
平安S
G3
ロワジャルダン
13/16
05月20日
京都競馬場
オーストラリアT
1000万下
オウケンブラック
02/09
05月20日
新潟競馬場
火打山特別
1000万下
トップライセンス
07/15
05月20日
新潟競馬場
火打山特別
1000万下
ワキノハガクレ
06/15
05月21日
東京競馬場
日吉特別
1000万下
ネオビッグバン
13/14
05月21日
東京競馬場
日吉特別
1000万下
ララパルーザ
05/14
05月21日
東京競馬場
調布特別
1000万下
オンタケハート
03/14
05月21日
東京競馬場
調布特別
1000万下
サトノキングダム
05/14
05月21日
東京競馬場
調布特別
1000万下
スパーブデイ
13/14
05月21日
東京競馬場
優駿牝馬
3歳牝G1
カリビアンゴールド
11/18
05月21日
東京競馬場
丹沢S
1600万下
ヘルツフロイント
09/10
05月21日
新潟競馬場
韋駄天S
オープン
ウエスタンユーノー
12/16
05月21日
新潟競馬場
韋駄天S
オープン
スティンライクビー
13/16
05月21日
新潟競馬場
韋駄天S
オープン
リュウツバメ
14/16
05月21日
新潟競馬場
大日岳特別
1000万下
グラミスキャッスル
08/14