(※1)3カ月ぶりに〜

東日本は第3回東京開催が6月中旬に終わると9月の第4回中山まで大都市圏での開催がない(阪神は7月に開催があるのため、西日本の大都市圏に競馬が帰ってくるのは2カ月ぶりの開催となる)。

(※2)GSC

05年に始まったスプリント戦の国際シリーズレース。最初はイギリス、オーストラリア、日本の3カ国で行われていたが、現在は香港とドバイ、シンガポールが加わり計10戦が指定レースとなっている。

(※3)オーバーシード

日本に昔からある芝・野芝は寒さに弱いので10月中旬には早々に冬眠してしまう。このため野芝の間に寒さに強い洋芝を生えさせて芝コースの状態を維持するのだが、これをオーバーシードという。

(※4)高速決着必死

一般的に野芝よりも洋芝の方がクッション性があるため洋芝の方が力が要ると言われている。このためオーバーシードを施さない野芝主体の第4回開催は芝の状態が良好な事もありタイムが出やすい。

(※5)開催の中止や順延

豪雨でも強風でも台風でなければ競馬は開催するのに、台風が直撃した・しそうな場合は中止。公正性が保てない事や来場者の足となる公共交通機関の運行などにも支障が出るからだと思われる。

(※6)没入度を左右

スポーツを観戦しているのに暑い・寒い・冷たいなどの感覚を受ければ気は削がれるのは必然。屋外で行われるスポーツ観戦全般に言える事だろうが、天気が良くて過ごしやすい事に越した事はない。

(※7)新馬戦が開始

新馬戦は、6月中旬から開始となる第3回東京・京都開催から始まり、翌年の3月に行われる第2回中山・第1回阪神開催で終了。この期間に間に合わなかった馬は未出走馬として未勝利戦に出走。

(※8)西高東低の事情

サンデーサイレンスの健在時は関西馬が圧倒的に強かったのだが、近年は美浦に所属している厩舎の頑張りもあって競馬における西高東低の傾向も徐々に緩和されてきているような感じがする。

年に5回の開催が行われる中山競馬。ここではまだまだ夏の暑さが残る第4回中山開催について、開催の特徴や、そこで行われる注目レースなどを見てみる事にしましょう。

■・・・第4回中山競馬の特徴

前開催となる第3回中山競馬終了後から約5ヶ月間の休養を挟み、9月2週目からの開始となる第4回中山競馬。まだまだ厳しい暑さの残る季節ではありますが、地方へ開催を移していた中央競馬が約3カ月ぶりに都市圏(※1)に戻って行う開催がこの第4回開催。夏に休養を取っていた有力馬たちが秋に行われるビッグレースに向け徐々に始動をはじめる、そんな秋競馬へ向けての滑走路となるこの開催では、開幕週に行われるハンデ戦のマイル重賞・京成杯オータムHをはじめ、牡馬クラシック第3弾・菊花賞のトライアルレースに指定されているセントライト記念、古馬の中距離重賞競走・オールカマー、グローバル・スプリント・チャレンジ(GSC)(※2)の第8戦目に指定されているG1・スプリンターズステークスが行われるなど、バラエティに富んだレース内容!芝コースは春開催で痛んだ部分に張替えを行い、他開催で施していたオーバーシード(※3)も取り払っているため、超の付く高速決着必至(※4)です!

■・・・季節は秋へ。安定しない天気

第4回中山競馬の開催は9月の2週目から。まだまだ暑さの残る中での開催開始となりますが、この第4回も第2回開催と同じく季節の変わり目に行われる開催。真夏の様な日差しが照りつけ蝉達が夏の余韻を楽しむかのように鳴いていたかと思えば、突き抜ける青空がにわかに掻き曇って雷を伴った激しい雨を降らせるなど、猫の目のようにコロコロと変わります。特にこの時期の日本列島には台風が上陸しやすい時期でもあり、台風の進路によっては開催の中止や順延(※5)もありえるので注意しなくてはいけません。例え台風が上陸しなかったとしても、台風に刺激された秋雨前線によって雨が降り続く事も。そしてそれらが通り過ぎると急激に気温が下がって秋の気配を感じるなんて事も。一応、夏の延長線上にあるため天気の良い日もそれなりにあり、運が良ければ開催中、全く雨に降られない場合もありますが、運が悪ければ開催中ずっと雨に降られる可能性もアリ。天気は競馬への没入度を左右(※6)する重要な要因の一つ。移り気な天気をいつも以上に恨めしく感じる、そんな開催かもしれません。

第4回中山開催で行われる特別・重賞レース(2010年)
開催日 クラス レース名 条件 コース
1日目 500万下 アスター賞 サラ2歳 芝1800m
1000万下 鋸山特別 サラ3歳上 ダ1800m
オープン 紫苑ステークス(秋華賞トライアル) サラ3歳牝 芝2000m
2日目 1000万下 木更津特別 サラ3歳上 芝1600m
1600万下 内房ステークス サラ3歳上 ダ1200m
G3 京成杯オータムハンデキャップ サラ3歳上 芝1600m
3日目 500万下 古作特別 サラ3歳上 芝1600m
1000万下 松戸特別 サラ3歳上 ダ2400m
1600万下 レインボーステークス サラ3歳上 芝2000m
4日目 1000万下 白井特別 サラ3歳上 芝1800m
1000万下 初風特別 サラ3歳上 芝1200m
オープン ラジオ日本賞 サラ3歳上 ダ1800m
5日目 オープン カンナステークス サラ2歳 芝1200m
1000万下 浦安特別 サラ3歳上 ダ1200m
G2 セントライト記念(菊花賞トライアル) サラ3歳 芝2200m
6日目 1000万下 九十九里特別 サラ3歳上 芝2500m
1000万下 市原特別 サラ3歳上 ダ1800m
1600万下 セプテンバーステークス サラ3歳上 芝1200m
7日目 1000万下 外房特別 サラ3歳上 芝1600m
1000万下 茨城新聞杯 サラ3歳上 ダ1200m
G2 産経賞オールカマー サラ3歳上 芝2200m
8日目 オープン 芙蓉ステークス サラ2歳 芝1600m
1000万下 習志野特別 サラ3歳上 芝2000m
1600万下 秋風ステークス サラ3歳上 芝1600m
9日目 1000万下 勝浦特別 サラ3歳上 芝1200m
1600万下 ながつきステークス サラ3歳上 ダ1800m
G1 スプリンターズステークス(GSC第7戦) サラ3歳上 芝1200m
1000万下 江戸川特別 サラ3歳上 ダ1200m

■・・・このレースは見逃せない、第4回開催の注目レース!

ダイヤの原石を探せ!2歳新馬戦

中山競馬場ではこの第4回開催から競馬場で一度も走ったことない若駒たちが走る、2歳新馬戦が開始(※7)されます。最近の良血馬や期待を掛けられている馬はじっくりと育てられる傾向があること。また、調教施設や入厩する産駒の素質が関西の方が優れていると言われる昨今の西高東低(※8)などの事情を反映して、この時期の中山開催ではまだ前評判の高い大物は出てきません。しかし2005年には後に春の天皇賞を優勝するマイネルキッツや桜花賞・オークスで好走したアサヒライジングのほか、古馬になって本格化したネヴァブションがデビュー。また2006年には目黒記念を優勝するホクトスルタンやカタマチボタン、サープラスシンガーがデビュー。2011年には暮れの朝日杯FSを優勝し、その年の最優秀2歳牡馬に輝くアルフレードがこの第4回開催でデビューをしているように、キラリと光る原石は落ちているのです。

将来、日本ダービーを勝つ馬未勝利で引退する馬一緒に走るのが新馬戦。また、クラシックレースと同じように一生に一度しか走れないのが新馬戦だと考えれば、新馬戦には他のレースにはない魅力があります。新馬戦で自分だけの応援馬を見つけて、後々まで追いかけてみましょう!

作者が考えるその他の注目レース
開催日 レース名 レースの特色
1日目 紫苑S 秋華賞のトライアルレース。重賞ではないためメンバーが手薄だが、3歳牝馬を見るチャンス!
4日目 セントライト記念 菊花賞の関東トライアル。本番には直結し難いが、後々、勝ち馬は中距離戦線で活躍する。
5日目 九十九里特別 骨っぽいメンバーが集まる3歳上の2500メートル戦。3歳馬が勝てば菊花賞の穴馬候補。
8日目 芙蓉S ドリームジャーニーにホエールキャプチャ、オルフェーヴルなど将来の有力馬が巣立っている。
8日目 スプリンターズS 国際シリーズのグローバル・スプリント・チャレンジに指定されている元祖電撃の6ハロン!