明日は何時に行こうかな。あなたが競馬場に行く時間はだいたい何時頃?

ああ、もうすぐ11時。お昼休みになってしまう。

基本的に土曜日と日曜日に開催している中央競馬。職種や業種が増えたとはいえ大抵の人が休日の日に行われてはいるし、競馬は本当に大好きだけれど、月〜金の仕事で疲れの溜まった体は競馬への熱い情熱を持ってしても早々簡単には動かない。午前中に行われる新馬・未勝利は色々と難しいし。障害競走は行われる数が少なすぎて特徴を把握しづらい。あー、明日は何時頃に行こうかな。あなたが中山競馬場に行くのはいつも何時頃ですか?

正門に中央門、あなたは中山競馬場でどの入場門を使用している?

中山競馬場の正門。ここからパドック、本場馬へ。

「今年最後の大一番!」と言うことで毎年10万人を超す人がつめかける有馬記念は例外としても、平均で3万人ほどの人々が来場する中山競馬場(開催時)。そんな大型施設である中山競馬場には現在、正門・中央門・法典門・南門と4つの門がありますが、大抵の方々は「使用する駐車場」や「使用する駅」などが決まっている事もあり、利用する門も大抵決まっていると思われます。あなたは中山競馬場の入場門で主にどの門を利用していますか?

らーめん、牛丼、ハンバーガー。競馬場でのお昼は何を食べる?

翠松桜のさっぱり醤油らーめん。

見た目も中身も綺麗になり、今では他のアミューズメントパークにも負けない施設になった競馬場。カップルや家族連れも増えました。とは言っても、賭けごとをする場所という根本は何も変わらず、一応は鉄火場であることは間違いなし。お昼休みはあるものの時は金なり。次のレースの予想が大事だから食事に使っている時間はあまりない。そんなギャンブラーにはラーメンにどんぶり、お弁当が強い味方。あなたは中山競馬場でのお昼は何を食べますか?

立ち見席でライブ観戦、室内でゆったり。あなた中山競馬場のどこで競馬を観戦する?

競馬を間近に体感できる立ち見席。

コースの間近でレースを見られる立ち見席やスタンド、レースは生では見れないけどエアコンの効いたスタンド内部。芝生が敷き詰められてピクニック気分を味わえる芝スタンド。いつでも自分の席が確保されている快適な指定席。連れてきた子供を遊具で遊ばせながらノンビリ競馬の出来る内馬場。単に競馬が見れるとは言っても、「ここで見たい!」と意識すれば色々な場所で観戦する事が可能。あなたは中山競馬場に行ったらどこで競馬を観戦しますか?

特色も値段も色々。あなたは中山競馬場の指定席でどれが好き?

さすが指定席。1階・2階とは雰囲気が違うぜ!

あの狭いうえに知らない人と4人掛け≠ニいう使いにくかったB指定席が改装されて生まれ変わったキングシートやナッキーボックス、小さいもののテーブルにモニターの付いたA指定席、コースを一望できるゴンドラ1・2階、席に座りながらにして馬券を購入できるi-Seatなどなど、現在の中山競馬場には6種類の指定席が販売されています。一番安い席でも2800円と、値段は高い気もするけれど・・・、あなたは中山競馬場の指定席でどれが好きですか?